前へ
次へ

税理士の試験について

税理士の試験は難関試験とされています。筆記試験が行われているのですが、これが年に1回行われています。科目は全部で5科目になります。その内容は会計学に属する科目2科目と、税法に則する科目から選択した3科目ということになります。国税庁が発表した平成25年度の結果では、その合格率が次のようになっています。筆記論が12.2パーセント、財務遺諸表論が22.4パーセント、所得税法が14.8パーセントとなっています。この他の科目に関しても10パーセントから20パーセント前後となっています。試験が非常に難しいと言うことがわかりますが、最低2年以上勉強することで合格を目指すことができます。したがって計画的な学習が必要です。

top用置換

top用置換2
Page Top